入 会 の お 誘 い
ようこそ吉川ロータリークラブ


2017-18年度  会員増強維持委員会 :           

私達と共に地域社会、国際奉仕へ奉仕活動の仲間を探しています。
吉川ロータリークラブへ入会致しませんか。
国際ロータリーは、世界の200以上の国と地域に3万2,000を超えるロータリークラブ、120万人以上の会員(ロータリアン)を有する組織です。
日本国内には約2,300のロータリークラブがあり、約10万人の会員が活動しています。企業の経営者や専門職をもっている人々が、世界的なネットワークを形成。その国にロータリークラブがあり地域のリーダーとして活動をしているロータリアンがいますから、援助を必要としている人たちに、確実に手を差し伸べることができるのです。もちろん、自分たちのクラブがある地域社会の中でも、さまざまな活動をしています。ロータリアンは、1週間に1回程度の割合で例会を開き、食事を共にしながら、今、地域社会、世界で起こっていることなどについて、情報交換をしたり、勉強をしたりしています。
吉川ロータリーではどのような活動をしているか、一部ですがホームページのトピックスさいえんすクラブでご覧いただけます。
ご入会を会員一同心よりお待ち申し上げます

                         


ロータリークラブにご興味のある方は下記へご一報ください

会員増強維持委員会 :  

 


ロータリークラブのさわり と 手続きについて

1)例会の日時及び場所

隔週水曜日 午後 6:30〜7:30  (第一、第二 木曜日)
シティーピア 3階 吉川ロータリークラブ会館
〒342-0055 埼玉県吉川市吉川 1-19-1

2)入会後義務出席をする諸会合

・第2770地区年次大会( ・・月)
・第2770地区協議会( ・・月)
・第2770地区10分区IMを10グループIM( ・・月)
・クラブ例会『毎水曜日』 諸事により変更あり
・委員会
・入会後の勉強会、並びに親睦会

3)入会後所属する委員会

原則として『親睦活動委員会』

4)入会に際しての諸費用

入会準備金 ¥30,000-
年会費 ¥300,000-(途中入会の場合は月割計算)
納入方法  毎年 7月 と 1月 前期/後期 2分割、銀行振込又は現金持参

5)推薦時に提出して頂く書類

入会推薦は正会員によって推薦されクラブ規定の推薦用紙に下記事項等を記入し理事会に提出されます。
  同居所帯全部 及び 結婚記念日 本人写 電話番号 FAX番号 携帯電話番号 メールアドレス
  事業所勤務先社名 所在地 地位 業務内容 電話番号 FAX番号 ホームページアドレス

推薦は原則的に下記の条件を満たすこととしています。
全般的資格条件
ロータリアンは善良な人格を持ち、確立した事業および専門職に従事した成人で、世に認められた事業および専門職において、裁量を委託された重要な職務についている。
上記の資格をもち、クラブの所在地域内、もしくはその周辺地域に居住するか、もしくは職業に従事していなければならない。
職業分類
ロータリー・クラブの各正会員は、その事業または専門職務に従って分類されるものとする。職業分類は正会員本人の所属する商社、会社かまたは、本人の主たるかつまた一般世間がそのように認めている事業または専門職務を示すものでなければならない。
クラブは、その会員が51名以上いない限り、既に5名以上の会員がいる職業分担の中から正会員を選出することはできない。但し、会員が51名以上いるクラブは、正会員の数がクラブ正会員の10パーセントを超えない限り、同一職業分類に正会員を選出することができる。退職した会員は、職業分類を義務付けられているが、その職業分類における会員総数に加算することはできない。

注)公職に就いている人。一定の任期の間選挙または任命によって公職にある者は、当該公職の職業分類の下に正会員となる資格を有しないものとする。この制約は、教育機関に奉職する者または裁判官に選挙または任命された者には適用されない


6)推薦から入会までの所要時間

・・・・・・・・・・・・・・・クラブ所定の審議可決に要する約1カ月が目安・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会員候補者の氏名は理事会に提出されます。

理事会は、その被推薦者が条件を全て満たしていることを確認し、30日以内に推薦の承認または不承認を決定します。推薦者にはクラブの幹事を通じて、通知します。

注)承認されるまで、被推薦者に会員に推薦されていることを知らせてはなりません。

推薦者に対し、クラブ会員の特典、期待すべきこと、義務について詳しく説明します。この後会員申込み用紙に記入と署名を求め、氏名および予定されている職業分類をクラブに発表することについて書面にて承諾を求めます。

被推薦者の氏名をクラブに発表します。氏名の発表後7日以内に、理事会がクラブ会員の誰からも異議申し立てを受理しなかった場合、その人は、入会金を納めることにより、新ロータリアンとなります。クラブ幹事は、ロータリー・クラブ細則の推奨に従い、新会員報告書を国際ロータリーに送るか、あるいは、www.rotary.orgを通じて新会員の氏名を提出します。


7)入会決定後の指導

ロータリー情報委員長並びに推薦者より面接の上、適切な指導をする


会員の義務、権利、特典及び出席規定について

1)義務

会員は目的・4つのテストに示されたロータリーの原則に従って行動しなければならない。
会員はクラブの定款、細則に従い、その規定を遵守する責任がある。
会員は入会金及び会費納入の義務がある。
会員はクラブの例会は勿論、クラブのすべての会合に少なくとも、60%の出席が要請される。
ロータリーの徽章は個人の職業上の用箋や名刺に使用しなくてはならない。
 ・ 雑誌「ザ・ロータリアン」又は「ロータリーの友」の購読等

2)権利

職業分類を代表とする。
クラブのいかなる役職にもつくことができる(RI細則で資格条件がある)
投票権を持っている。
あらゆる会合に参加できる。
シニア・アクチブ会員・パスト・サービス会員になれる。
会員はロータリーの徽章バッジ又は、その他の記章を佩用することができる。

3)特典

ロータリークラブ会員には、たとえ本人が希望してもなれない所定の手続きによって初めて選ばれて会員になる。
入会と同時に世界中のロータリアンと友達になれ、親交を受けることができる。
日本は勿論、世界中のどこのクラブの例会や会合に出席して知り合いを拡げながら好意と友情を深め奉仕の機会がつくられる。
ロータリー活動を通じて自らが地域社会に、職業に、国際的に奉仕し得る。
自分と異なった職業人と知り合いを拡めることができる。