吉川ロータリークラブ推薦の
ロータリー財団・世界平和フェロー・奨学生三浦 曜子 氏から 中村カウンセラー宛に 
United Kingdomより世界平和大使としての活躍ぶりの 便りが届きました。

 ご無沙汰しております。
こちらについてから2週間弱経ち、ようやく日本語環境でメールできるようになりました。
到着後、すぐにリンクウィークエンドでレスターというバーミンガム近くの町へ行きました。イギリスで学ぶ親善、平和の奨学生が集まるもので親善では日本人も多く、久しぶりに日本語で話し楽しいひとときをすごさせていただきました。
2770地区推薦でいらしている貝賀 早希子さんにもお会いすることが出来ました。
その後、ヨークシャーディストリクト1040地区のカンファレンスがあり、サウスポートという港町を訪れました。週末3日間をフルに使ったタイトなスケジュールでしたが、弊大学講師による講演やロータリーより支援を受けている、シェルターボックスというNGOの代表(トム・ヘンダーソン 彼自身もロータリアンだそうです)の講演を拝聴するすばらしい機会を与えていただきました。体力のほうは外気温の寒さも手伝ってだいぶ消耗しておりますが充実した日々をすごしております。
 
こちらのホストカウンセラーには到着当日、迎えに来ていただいた上、生活始めに必要なものを揃えてくださったりなど多大なおこころ遣いをいただいております。カウンセラーの所属するハワース&ワースヴァリー ロターリークラブは23人の会員数で、"嵐が丘"や"ジェーン エア"の舞台、作者ブロンテ姉妹の住んでいたハワースの住宅街?にあるブリティッシュ(←当たり前ですが)パブで例会が行われています。一度挨拶をかねてお邪魔しましたがお食事はやはりフィッシュ&チップスでした。しかも日本サイズからは考えられないほどのビッグなサイズで、さすがに完食はできませんでした。。。
 
 
あと3週間程で初めてのエッセイ提出で、その後1カ月ごとに締切がやってくるのであまり息つく暇はありませんがこの勉強に集中できる機会に感謝して頑張っていきたいと思っております。
Southportでの写真を添付いたします。
カウンセラーと一緒に撮ったもの、民族衣装を着て撮ったもの、会場の様子を撮ったもの、カウンセラーの家のイングリッシュガーデンを撮ったものです。
 
また時折ご連絡させていただきます。
 
三浦 曜子
**********************************************
University of Bradford
Rotary World Peace Fellow Class VIII
 
UK
**********************************************