江戸川強化堤防森づくり事業記念植樹祭に参加 ( 平成 23年 2月 6日 江戸川堤防 )
江戸川強化堤防(深井新田地区内)県の森づくり事業に吉川ロータリークラブが参加!吉川ロータリークラブからは岡田勇作会長はじめ・立澤利夫幹事・中村靖治PG・村井有一郎NP・小山修会員・小林政夫会員そして 私、会報広報委員長として式典並びに植樹に参加してきました。 (このプロジェクトで埼玉県では、利根川・江戸川の強化堤防で生まれた広大な川裏側の堤防斜面に、県民の参加を得て森をつくる事業(利根川・江戸川堤防強化の森づくり事業)を平成20年度から実施しているそうです。 現在までに利根川に約0.8ヘクタールの森がつくられ、森づくりを通じて、郷土への愛着が育まれ、うるおいや安らぎのある空間が創出されるとのこと。 ・・・江戸川エリアでは初めての森づくり事業として吉川市地内で始まったとのことです。 )
これを記念して、埼玉県と国土交通省関東地方整備局では、上田きよし埼玉県知事並びに戸張胤茂吉川市長をはじめ関係者及びボランティア団体等の参加により記念植樹祭が盛大に行なわれました。
吉川ロータリークラブが本多静六博士の壮大な県民の森つくり事業に参加できたことの意味は大きいものだと感じました。